大腸ポリープ切除

日帰り大腸ポリープ切除

日帰り大腸ポリープ切除大腸内視鏡検査時に発見した大腸ポリープは、その場で内視鏡による切除が可能です。検査自体は10~20分程度、切除を行っても半時間程度で終了するため、内視鏡検査と同時に行う日帰り手術として受けることができます。侵襲が少なくお身体への負担が少ないだけでなく、入院の必要がないため時間的・経済的にも負担が少ない治療法であり、忙しい方でも無理なく治療を受けていただけます。
ただし、手術ですから出血などの合併症が起こる可能性があり、それを防ぐためにご自宅に戻られてから安静を保っていただく必要があります。また、当日はバスタブに浸かる、刺激物やアルコール摂取などを控え、旅行や出張などは術後1週間程度避けていただくなどの注意点がいくつかあります。ポリープ切除の手法により、こうした制限の内容は変わってきますが、ほとんどは手術後数日から1週間程度の制限です。

大腸ポリープについて

大腸の粘膜にできた隆起性の病変で、良性であってもサイズが大きくなるとがん化することがあるため、大腸ポリープは前がん病変と呼ばれています。ポリープの段階で切除することで将来の大腸がん予防につながります。
大腸ポリープには腫瘍性のものと非腫瘍性のものがあります。腫瘍性のポリープは腺腫であり、成長するとがん化して大腸の腺がんとなる可能性があります。また、非腫瘍性の大腸ポリープも成長すると腫瘍化することがあります。そのためどちらのポリープも切除対象になります。切除したポリープは回収し、生検を行います。

 

内視鏡的ポリープ切除術の種類

 

ポリペクトミー(スネアポリペクトミー)

一般的に用いられることが多い手法ですが、焼灼による穿孔リスクがあるため、当院ではそれを考慮した上で必要な症例にのみ行っています。内視鏡からスネア(ワイヤ)を出してポリープにかけ、締め付けて高周波電流を流して焼き切る手法です。

大腸ポリープ切除後の制限と注意点

ポリープ切除の合併症では、特に出血に注意が必要です。出血を予防するための制限や注意点がいくつかありますので、それを守ってお過ごしください。なお、出血が起こる可能性があるのは手術後1週間程度までです。
制限や注意点は切除したポリープの数や大きさ、処置内容などによって変わってきますが、一般的なものを下にご紹介しています。当日、翌日、数日、最大でも1週間程度の制限ですので、内視鏡検査のスケジュールを決める際にこうした点も考慮に入れてご検討ください。

 

食事

普通の食事内容で構いませんが、脂肪分の多いメニューや香辛料などの刺激物は避けてください。

飲酒

アルコールを摂取すると血流が促進されるため、出血リスクが上昇します。手術内容により控える日数は変わりますので、医師の指示を守ってください

入浴

当日はできればシャワーのみにし、短時間ですませてください。翌日からは制限なく普段通りの入浴が可能です。

運動

散歩程度であればいつでも可能です。ただし、ゴルフやジョギングなどを含め、腹圧のかかる運動や激しい運動は医師の指示があるまで行わないでください。

旅行や出張

飛行機は気圧が変化して出血を起こしやすいためしばらくは控えてください。また、海外や遠隔地では万が一のトラブル発生の際に迅速な対応が難しくなります。手術内容によりますが1週間程度は旅行や出張を避けていただいています。なお、検査のご予約の際に、旅行や出張なども考慮してスケジュールを検討されるようお伝えしています。

出血があった場合

便に少量の血が混じっている場合には、時間経過により自然に解消しますので問題はありません。緊急連絡先にお電話いただく必要があるのは、出血量が多い場合や出血だけでなく痛みも起こっている場合です。こうした症状がありましたら、すぐにご連絡ください。

TEL:027-372-8060
一番上に戻る
あすなろクリニックオフィシャルサイト